経歴

(2014年9月9日現在)

生年月日 1960年(昭和35年)5月5日
おうし座O型
出  身 宮城県気仙沼市生まれ
家族構成 妻、長男、次男
座右の銘 一隅を照らす
趣  味 テニス、スキー

現 職

  • 自由民主党 政務調査会 会長代理
  • 自由民主党 東日本大震災復興加速化本部 副本部長(宮城再興担当)
  • 自由民主党 平和安全法制推進本部 本部長代理
  • 自由民主党 安全保障調査会 顧問
  • 衆議院 安全保障委員会 筆頭理事
  • 衆議院 東日本大震災復興特別委員会 委員

学 歴

  • 昭和54年 宮城県気仙沼高等学校 卒業
  • 昭和58年 東京水産大学水産学部海洋環境工学科 卒業
  • 平成 5年 東京大学大学院法学政治学研究科 修了

経 歴 (英文:ENGLISH)

昭和58年4月 平成2年3月 宮城県職員(主に水産資源の研究を担当)
平成2年4月 平成7年3月 財団法人松下政経塾 研究員(11期生)
平成6年4月 平成8年3月 東北福祉大学 専任講師
平成8年4月 平成9年12月 東北福祉大学 助教授
平成10年1月 平成12年1月 東北福祉大学 客員教授
平成9年12月 衆議院宮城6区補欠選挙において初当選
平成9年12月 平成12年1月 衆議院議員
平成12年9月 平成14年6月 米国ジョンズ・ホプキンス大学
高等国際問題研究所 客員研究員
平成13年4月 平成16年9月 学校法人増子学園 理事長
平成14年10月   東北福祉大学 特任教授
平成15年6月   自由民主党宮城県第六選挙区支部長
平成15年11月 衆議院総選挙において2回目の当選
平成15年11月 平成16年9月 農林水産委員会委員、外務委員会委員
イラク特別委員会理事
災害対策特別委員会委員
平成16年9月 平成17年11月 外務大臣政務官
外務委員会委員
北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会委員
平成17年9月 衆議院総選挙において3回目の当選
平成17年11月 平成18年9月 外務委員会 理事
北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 委員
日本国憲法に関する調査特別委員会 委員
行政改革に関する特別委員会 委員
◇自民党役職
外交部会 会長代理
水産部会 副部会長
外交調査会国際的NGOに関する小委員会 委員長
教育・文化・スポーツ関係団体委員会 委員長
情報調査局 次長
青年局 次長
党改革実行本部
新しい人材育成の確立部会 副部会長
平成18年10月 平成19年8月 外務委員会 理事
予算委員会 委員
◇自民党役職
国会対策委員会 副委員長
水産部会 副部会長
障害者特別委員会 委員長代理
対外経済協力特別委員会 副委員長
拉致問題対策特命委員会
国際連携推進チーム 座長
外交力強化に関する特命委員会 副委員長
教育・文化・スポーツ関係団体委員会 副委員長
厚生関係団体委員会 副委員長
農林水産関係団体副委員長
海洋基本法ワーキングチーム 座長
外交ツールの強化に関するワーキングチーム 座長
平成19年8月 平成20年8月 外務副大臣
平成21年8月 衆議院総選挙において4回目の当選
平成21年9月 平成24年10月 外務委員会 委員
東日本大震災復興特別委員会 委員
◇自民党役職
外交部会長
国会対策委員会 副委員長
自民党宮城県支部連合会 会長
 
平成24年10月 平成24年11月 衆議院 沖縄および北方問題に関する特別委員会委員長
外務委員会 委員
東日本大震災復興特別委員会 委員
◇自民党役職
自民党宮城県支部連合会 会長
平成24年12月 衆議院総選挙において5回目の当選
平成24年12月  平成26年9月 防衛大臣
平成26年9月  平成26年12月 安全保障委員会 筆頭理事
東日本大震災復興特別委員会 委員
◇自民党役職
政務調査会 会長代理
東日本大震災復興加速化本部 副本部長(宮城再興担当)
安全保障法整備推進本部 副本部長
安全保障調査会 会長代理
平成26年12月 衆議院総選挙において6回目の当選
平成27年1月  平成27年9月 安全保障委員会 筆頭理事
東日本大震災復興特別委員会 委員
我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 委員
◇自民党役職
政務調査会 会長代理
東日本大震災復興加速化本部 副本部長(宮城再興担当)
安全保障法整備推進本部 副本部長
安全保障調査会 会長代理